南ことり生誕祭2019

1名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:03:09.76
南ことり生誕祭2019

9名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:14:11.25

10名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:16:09.51

11名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:17:29.70

12名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:18:08.53

13名無しの七森(杉浦)2019/09/12(木) 00:19:08.24
内田彩のキャラクターで一番かわいいのは

14名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:19:23.81

15名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:20:57.94

16名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:21:50.42

17名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:22:32.35

18名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:25:34.39

19名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:27:13.62

20名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:27:48.21

21名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:28:50.93

22名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 00:41:48.24

23名無しの七森(池田)2019/09/12(木) 15:25:18.89

24名無しの七森(松本)2019/09/25(水) 15:47:24.26

25名無しの七森(池田)2020/01/27(月) 11:54:37.11
>>24
死ね

26名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:19:08.56
ミラージュC.14Aスペイン軍全天候迎撃戦闘機 20機
要目
全幅:8.4m
全長:15.0m
全高:4.5m
主翼面積:25.0m2
空虚重量:7,400kg
最大離陸重量:16,200kg
エンジン:スネクマ アター9K-50ターボジェットエンジン×1基 (アフターバーナー時7,200kg)
最大速度:【地表付近】1470 km/h (M1.2)【高高度】2335 km/h (M2.2)
海面上昇率:12,780m/min
実用上昇限度:20,000m
航続距離:1245nm(フェリー)
戦闘行動半径:749nm(Hi-Lo-Hi)
乗員:1人
固定武装:30mm DEFA550機関砲 2門 武装:搭載量 設計最大 6,300kg/運用実際値[注 6] 4,000kg
翼端パイロン:R550 マジック 空対空ミサイル/AIM-9J サイドワインダー 空対空ミサイル(フランス空軍以外)
主翼下パイロン:シュペル530F 空対空ミサイル(最大2発)、AM39 エグゾセ 空対艦ミサイル(一部のタイプのみ、左右どちらかに1発のみ搭載可能)、AS-30L 空対地ミサイル(最大2発)、各種爆弾、ロケット弾ポッド等
察用機器ポッド
アビオニクス
EMD AIDA 2軽量級測距レーダー
レーザー距離計
ミラージュC.14A - スペイン向け全天候迎撃戦闘機、45機製造。
https://cdn.jetphotos.com/full/2/16605_1214198275.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/1/95904_1225056413.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a9/Spanish_Air_Force_Dassault_Mirage_F1M_%28modified%29.jpg

27名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:20:17.97
ミラージュF1CEブラジル軍全天候迎撃戦闘機 20機
要目
全幅:8.4m
全長:15.0m
全高:4.5m
主翼面積:25.0m2
空虚重量:7,400kg
最大離陸重量:16,200kg
エンジン:スネクマ アター9K-50ターボジェットエンジン×1基 (アフターバーナー時7,200kg)
最大速度:【地表付近】1470 km/h (M1.2)【高高度】2335 km/h (M2.2)
海面上昇率:12,780m/min
実用上昇限度:20,000m
航続距離:1245nm(フェリー)
戦闘行動半径:749nm(Hi-Lo-Hi)
乗員:1人
固定武装:30mm DEFA550機関砲 2門 武装:搭載量 設計最大 6,300kg/運用実際値[注 6] 4,000kg
翼端パイロン:R550 マジック 空対空ミサイル/AIM-9J サイドワインダー 空対空ミサイル(フランス空軍以外)
主翼下パイロン:シュペル530F 空対空ミサイル(最大2発)、AM39 エグゾセ 空対艦ミサイル(一部のタイプのみ、左右どちらかに1発のみ搭載可能)、AS-30L 空対地ミサイル(最大2発)、各種爆弾、ロケット弾ポッド等
察用機器ポッド
アビオニクス
EMD AIDA 2軽量級測距レーダー
レーザー距離計
ミラージュF1CE - ブラジル向け全天候迎撃戦闘機。40隻製造。
https://cdn.jetphotos.com/full/5/90499_1581354174.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/6/16921_1400606557.jpg

28名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:21:32.71
ミラージュF1CGギリシャ軍全天候迎撃戦闘機 20機
要目
全幅:8.4m
全長:15.0m
全高:4.5m
主翼面積:25.0m2
空虚重量:7,400kg
最大離陸重量:16,200kg
エンジン:スネクマ アター9K-50ターボジェットエンジン×1基 (アフターバーナー時7,200kg)
最大速度:【地表付近】1470 km/h (M1.2)【高高度】2335 km/h (M2.2)
海面上昇率:12,780m/min
実用上昇限度:20,000m
航続距離:1245nm(フェリー)
戦闘行動半径:749nm(Hi-Lo-Hi)
乗員:1人
固定武装:30mm DEFA550機関砲 2門 武装:搭載量 設計最大 6,300kg/運用実際値[注 6] 4,000kg
翼端パイロン:R550 マジック 空対空ミサイル/AIM-9J サイドワインダー 空対空ミサイル(フランス空軍以外)
主翼下パイロン:シュペル530F 空対空ミサイル(最大2発)、AM39 エグゾセ 空対艦ミサイル(一部のタイプのみ、左右どちらかに1発のみ搭載可能)、AS-30L 空対地ミサイル(最大2発)、各種爆弾、ロケット弾ポッド等
偵察用機器ポッド
アビオニクス
EMD AIDA 2軽量級測距レーダー
レーザー距離計
ミラージュF1CG - ギリシャ向け全天候迎撃戦闘機、40機製造[4]。
https://i.pinimg.com/originals/1c/11/f1/1c11f199dc8aeb07a8e3e71ca1500035.jpg
https://cdn.planespotters.net/07226/140-hellenic-air-force-dassault-mirage-f1cg_PlanespottersNet_043714_c666ef4816_o.jpg
https://cdn.planespotters.net/24767/101-hellenic-air-force-dassault-mirage-f1cg_PlanespottersNet_794323_40f9c7e48b_o.jpg

29名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:22:19.20
ミラージュF1CHモロッコ軍全天候迎撃戦闘機 20機
要目
全幅:8.4m
全長:15.0m
全高:4.5m
主翼面積:25.0m2
空虚重量:7,400kg
最大離陸重量:16,200kg
エンジン:スネクマ アター9K-50ターボジェットエンジン×1基 (アフターバーナー時7,200kg)
最大速度:【地表付近】1470 km/h (M1.2)【高高度】2335 km/h (M2.2)
海面上昇率:12,780m/min
実用上昇限度:20,000m
航続距離:1245nm(フェリー)
戦闘行動半径:749nm(Hi-Lo-Hi)
乗員:1人(複座型は2名)
兵装搭載量 設計最大 6,300kg/運用実際値[注 6] 4,000kg
固定武装:30mm DEFA550機関砲 2門
翼端パイロン
R550 マジック空対空ミサイル×2発
AIM-9J サイドワインダー 空対空ミサイル×2発(フランス空軍以外)
主翼下パイロン
シュペル530F 空対空ミサイル×2発
AM39 エグゾセ 空対艦ミサイル×1発(一部のタイプのみで左右のどちらかに搭載)
AS-30L 空対地ミサイル×2発
無誘導爆弾
ロケット弾ポッド
チャフフレアー/ディスペンサー
この他、胴体下に増加燃料タンクおよび偵察用機器ポッドを搭載可能
ミラージュF1CH - モロッコ向け全天候迎撃戦闘機、30機製造。
https://cdn.jetphotos.com/full/6/71932_1515630938.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/1/39140_1266015496.jpg

30名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:27:43.80
S.O.4050ボートゥールUA戦闘爆撃機 20機
スペック
エンジン: スネクマ アター101E-3ターボジェットエンジン×2基 推力3,500kg
全長: 15.57 m
全巾: 15.10 m
全高: 4.94 m
翼面積: 45.0 m2
空虚重量: 14,900 kg
最大離陸重量: 20,700 kg
最大速度: 951 km/h
航続距離: 2,420 km
武装:
DEFA 30mm機関砲×4門
68mmロケット弾×116発
450kg爆弾×6発
SNEB 68mmロケット弾×4発
R.530短距離空対空ミサイル×4発
ナパーム弾×4発(翼下パイロン)
カメラパック(偵察機型)
1,500リットル内部燃料タンク(爆弾層に内蔵)
翼下増槽×2本
乗員: 1名(一部は2名)
ボートゥールUA:機関砲と爆弾を主武装にした単座の長距離仕様の戦闘攻撃機型。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/72/Vautour110israelweb.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7a/Vautour_Kfar_Giladi_230515.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Vautour_II_A.JPG
https://cdn.jetphotos.com/full/2/61372_1208100343.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/6/88370_1506359532.jpg

31名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:28:29.48
S.O.4050ボートゥールUN全天候戦闘機 20機
スペック
エンジン: スネクマ アター101E-3ターボジェットエンジン×2基 推力3,500kg
全長: 15.57 m
全巾: 15.10 m
全高: 4.94 m
翼面積: 45.0 m2
空虚重量: 14,900 kg
最大離陸重量: 20,700 kg
最大速度: 951 km/h
航続距離: 2,420 km
武装:
DEFA 30mm機関砲×4門
68mmロケット弾×116発
SNEB 68mmロケット弾×4発
R.530短距離空対空ミサイル×4発
ナパーム弾×4発(翼下パイロン)
カメラパック(偵察機型)
1,500リットル内部燃料タンク(爆弾層に内蔵)
翼下増槽×2本
乗員: 1名(一部は2名)
アビオニクス:DRAC-25AI空対空レーダーまたはDEAC-32AIレーダー
ボートゥールUN:2座席の全天候戦闘機で、機首にDRAC-25AIまたはDRAC-32AIレーダーを装備する。機関砲、空対空ミサイル、および無誘導ロケットを装備。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5b/Vautour230normandieweb.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Vautour_IIN_%2823148846455%29.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/5/93389_1540314567.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/Vautour%2C_Chateau_de_Savigny-l%C3%A8s-Beaune%2C_C%C3%B4te_d%27Or%2C_Bourgogne%2C_France._%2815806139366%29.jpg

32名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:29:38.72
S.O.4050ボートゥールU-1N全天候戦闘機 20機
スペック
エンジン: スネクマ アター101E-3ターボジェットエンジン×2基 推力3,500kg
全長: 15.57 m
全巾: 15.10 m
全高: 4.94 m
翼面積: 45.0 m2
空虚重量: 14,900 kg
最大離陸重量: 20,700 kg
最大速度: 951 km/h
航続距離: 2,420 km
武装:
DEFA 30mm機関砲×4門
68mmロケット弾×116発
SNEB 68mmロケット弾×4発
R.530短距離空対空ミサイル×4発
カメラパック(偵察機型)
1,500リットル内部燃料タンク(爆弾層に内蔵)
翼下増槽×2本
乗員: 1名(一部は2名)
アビオニクス:DRAC-25AI空対空レーダーまたはDEAC-32AI空対空レーダー
ボートゥールU-1N:仕様を改めたUN。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/12/SNCASO_4050N_Vautour_IIN_30-ML.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/6/71662_1569060773.jpg

33名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:30:50.21
シーホーク Mk.101 西ドイツ軍艦上戦闘攻撃機 10機
スペック
乗員:1名
全幅:11.89m
全長:12.09m
全高:2.64m
総重量:7,327kg
空虚重量:4,208 kg
エンジン:ロールス・ロイス・ニーン MK.103 ターボジェットエンジン(推力2,359 kg)×1基
最大速度:964km/h
実用上昇限度:13,600m
武装(ハードポイント6カ所)
20 mm イスパノ Mk V 機関砲 × 4門
227 kg 爆弾 × 4発
ロケット(その1):RP-3無誘導ロケット弾(重量27kg)×20基
ロケット(その2):127mm無誘導ロケット×16基
その他:410g増槽×2本、対水上レーダーポッド×1基
シーホークMk 101:西ドイツ海軍向けの全天候型輸出用型式。
Mk100と同じですが、翼下のポッドに探査レーダーが搭載されています。 32機製造。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/34/Hawker_Sea_Hawk_Mk._100.JPG
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Hawker_see_hawk_01.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/1/96593_1162661635.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/5/61490_1573411922.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/2/18261_1160773186.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fe/Seahawk-1.png
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b1/13-02-24-aeronauticum-by-RalfR-173.jpg

34名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:31:45.55
F-14Xトムキャット艦上戦闘機 30機
乗員 2名
全長 61.9ft (18.87m)[50]
全幅 64.13ft/38.2ft/33.29ft (19.55m/11.64m/10.15m) ※主翼後退角:20度/68度/75度[51]
全高 16ft (4.88m)
翼面積 565ft² (52.49m²)
エンジン[44] General Electric F110-GE-400 (推力:52.49kN ⇒ 119.88kN)[52] ×2
空虚重量 41,353lbs (18,757kg)
ミッション HI-HI-HI FIGHTER ESCORT FLEET AIR DEFENSE
離陸重量 60,432lbs (27,411kg) 63,666lbs (28,878kg) 72,646lbs (32,952kg)
戦闘重量 53,952lbs (24,472kg) 57,186lbs (25,939kg) 64,172lbs (29,108kg)
搭載燃料[53] 離陸重量:2,382gal (9,017ℓ)
戦闘重量:1,429gal (5,409ℓ) 離陸重量:2,382gal (9,017ℓ)
戦闘重量:1,429gal (5,409ℓ) 離陸重量:2,942gal (11,137ℓ)
戦闘重量:1,765gal (6,681ℓ)
携行装備 ― AIM-7×4 + AIM-9×4 AIM-54×4 + AIM-7×2 + AIM-9×2
ペイロード 378lbs (171kg) 3,158lbs (1,432kg) 5,980lbs (2,712kg)
最高速度 1,196kn/35,000ft (2,215km/h 高度10,668m) 1,052kn/35,000ft (1,948km/h 高度10,668m) 1,052kn/35,000ft (1,948km/h 高度10,668m)
上昇能力 44,500ft/m S.L. (226.06m/s 海面高度) 40,000ft (12,192m) まで81秒 39,900ft/m S.L. (202.69m/s 海面高度)
上昇能力 40,000ft (12,192m) まで91.2秒 34,000ft/m S.L. (172.72m/s 海面高度) 40,000ft (12,192m) まで109.8秒
実用上昇限度 56,500ft (17,221m) 54,200ft (16,520m) 51,200ft (15,606m)
航続距離[54] 1,312n.mile (2,430km) 1,158n.mile (2,145km) 1,226n.mile (2,271km)

固定兵装 M61A1 20mm機関砲×1 (弾数計676発)
アビオニクス
兵装制御 AN/APG-71[55]AN/AAS-42[56]AN/AXX-1AN/AYQ-15AN/AWW-4
電子戦 AN/ALR-67(V)AN/ALQ-165(V)AN/ALE-39LAU-138A/A
飛行制御 C-8684B/ACPU-175/AID-663D/UAVU-30/AAAU-39/AAQU-5/AAAU-8/AAN/ASW-43A ⇒ AN/ASW-59AN/ASN-105 ⇒ AN/ASN-146
通信・リンク LS-460B/AICTSEC/KY-58MX-10666/AR-1623/APN-154AN/APX-100(V)AN/APX-76CAN/ARC-182(V)AN/ASW-27B/CAN/APN-154(V)AN/ARA-63/BAN/URC-107
偵察補助 KA-99AKS-87BLA-610
航法支援 OA-8697A/ARDCV-3845/ADSU-4A/AR-2512MU-1053/AAN/APN-194(V)AN/ASN-130A ⇒ AN/ASN-139AN/ARN-118(V)AN/AYK-14(V)[57]AN/USN-2(V)
ディスプレイ IP-1494/AIP-1514/ACV-3916/AC-11554
兵装
固定武装:M61A1 20mmガトリング砲×1(装弾数:675発)
空対空ミサイル AIM-7F スパロー×4発 AIM-54A/C フェニックス×6発 AIM-9J サイドワインダー×4発
通常爆弾 Mk 82汎用爆弾×14発 Mk 83汎用爆弾×4発 Mk 84汎用爆弾×2発
クラスター爆弾 CBU-20/78/99/100
誘導爆弾 CBU-24ペイブウェイ×2発 GBU-31 JDAM×2発
ロケット弾 LAU-10 ズーニー・ロケット弾
F-14X:F-14Tの火器管制能力をF-14A以下F-14T以上のものに変更した型式。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7f/F-14D_Tomcat_VF-213_with_LANTIRN.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/de/F-14D_with_GBU-10_over_Afghanistan_2001.JPEG
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/50/F-14D_VF-2_Bounty_Hunters_in_flight_2002.JPG

35名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:32:23.89
フェアリー ガネットAS.6艦上対潜哨戒機 10機
仕様(Gannet AS.1)
一般的な特性
乗員:3名(操縦士1名 哨戒士2名)
全長: 13.11 m
翼幅: 16.56 m
全高: 4.19 m
翼面積: 483m2
翼: ルート: NACA 23018 ; ヒント: NACA 23010
空虚重量: 6,835 kg
最大離陸重量: 8,890 kg
パワープラント: 1× Armstrong Siddeley ASMD.1ダブルMamba結合ターボプロップエンジン、2,950 shp(2,200 kW)相当
プロペラ: 8枚ロートル二重反転プロペラ
パフォーマンス
最高速度:時速500 km / h
航続時間: 5〜6時間
実用上昇限度:7,600 m
武装
胴体爆弾倉に907kgまでの爆弾または機雷 航空魚雷1発とソノブイ
アビオニクス Ekco ASV Mk.19 レーダー
AS.6:AS.4の電子機器を改修した型。少数機改修。
https://c8.alamy.com/comp/CX639F/fairey-gannet-as6-in-fleet-air-arm-markings-on-display-at-duxford-CX639F.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/83/Fairey_Gannet_1_%284603644831%29.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/ea/UA%2B106_%28EDBG%2C_2016-08-23%29.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/10/Fairey_Gannet_ECM6%2C_UK_-_Navy_AN1099451.jpg
https://live.staticflickr.com/3851/14751603927_cafe41f331_o.jpg

36名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:34:45.99
ホーカー・シドレー P.139BパイレートAEW.1早期警戒管制機 10機
諸元
乗員:4名
全長:13.72m
全幅:15.24m
全備重量:20,412kg
エンジン形式:ロールス・ロイス スペイRB.163 Mk.511-8ハイ・バイパス・ターボファンエンジン×2基 
最大推力:乾推力:10,040 lbf(20 kN)
最高速度:741km/h
武装:無しであるが周波数変調連続波レーダー(FMICW)内蔵前後方捜索システム(FASS)を機首と機尾に装備
パイレートAEW.1:早期警戒管制機型
https://www.secretprojects.co.uk/data/attachments/4/4606-95bacffbc99e1bcd426172649bcc15e4.jpg

37名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:37:25.94
アグスタウェストランド AW159 リンクス・ワイルドキャットAH.1汎用ヘリコプター 10機
性能・主要諸元
出典: AgustaWestland. “AW159 - Technical Data” (英語). 2011年8月9日閲覧。
諸元
乗員: 2名
定員: 兵員 7名
全長: 15.22 m (49.9 ft)
全高: 3.73 m (12.2 ft)
ローター直径: 12.80 m (41.9 ft)
最大離陸重量: 6,000 kg (13,228 lbs)
動力: CTS800-4N ターボシャフト、1,015 kW (1,362 shp) × 2
性能
最大速度: 296 kph=M0.24 (160 kt)
フェリー飛行時航続距離: 963 km (520 nmi)
実用上昇限度: IGE: 3050m, OGE: 1,580m (IGE: 10,000ft, OGE: 5,200ft)
ワイルドキャット AH.1:陸上での運用を目的とした汎用向け機種。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c9/AgustaWestland_AW-159_Lynx_Wildcat_AH1_-_Chris_Lofting.jpg

38名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:44:36.33
ミラージュF1CJ - ヨルダン向け全天候迎撃戦闘機、17機製造。
ミラージュF1CK - クウェート向け全天候迎撃戦闘機、18機製造。のちにCK-2仕様にアップグレード。
ミラージュF1CK-2 - クウェート向け全天候迎撃戦闘機、ミラージュF1E相当の多用途型。9機製造。
ミラージュF1CZ - 南アフリカ向け全天候迎撃戦闘機、16機製造[8]。
ミラージュF1CR戦術偵察機 
ミラージュF1CT全天候戦闘爆撃機 
ミラージュF1Dブラジル軍複座練習機
ミラージュF1JE - エクアドル向け複座練習機、2機製造。
ミラージュF1DDA - カタール向け複座練習機、2機製造。
ミラージュF1Eブラジル軍戦闘爆撃機  
ミラージュF1JA - エクアドル向け戦闘爆撃機、16機製造。
ミラージュF1ED - リビア向け戦闘爆撃機、16機製造。
ミラージュF1EDA - カタール向け戦闘爆撃機、12機製造。
ミラージュF1EE - ブラジル向け戦闘爆撃機、22機製造。
ミラージュC.14B - スペイン向け戦闘爆撃機、22機製造。
ミラージュF1EH - モロッコ向け戦闘爆撃機、14機製造。
ミラージュF1EH-200 - モロッコ向け戦闘爆撃機、空中給油用のプローブを装備、6機製造。
ミラージュF1EJ - ヨルダン向け戦闘爆撃機、17機製造。
ミラージュF1EQ - イラク向け戦闘爆撃機、16機製造。
ミラージュF1EQ-2 - イラク向け防空戦闘機型。16機製造
ミラージュF1EQ-4 - イラク向けの戦闘爆撃機型。28機製造。
ミラージュF1EQ-5 - イラク向けの対艦攻撃機型。20機製造。
ミラージュF1EQ-6 - イラク向けの対艦攻撃機型。30機製造。
ミラージュF1 M53 - ユーゴスラビア向け。ミラージュF1Eを元に、パワープラントとしてアターより新型のスネクマ M53ターボファンエンジンを装備した戦闘爆撃機。
ミラージュF1Mスペイン軍戦闘爆撃機

39名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 17:58:15.90
Mi-24VPハインドF攻撃ヘリコプター 18機
性能・主要諸元
初飛行:1972年
主回転翼直径:17.30mテールローター直径:3.91m
全長:21.50m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,500kg 通常離陸重量:11,200kg 最大離陸重量:11,500kg
内部燃料積載量:1,500kg+オプション1,000kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225 馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:264km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:595km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台、または1,500-2,400kgの積載物、または外部に2,000kgの積載物
武装:武器搭載量2,400kgまで(6箇所に対戦車ミサイル、空対空ミサイル、ロケットランチャー、無誘導ロケット弾、機銃コンテナ、爆弾など)
固定武装:NPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-2
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M114 シュトゥールム-V×4
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基、87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基、GUB-1×2、GUB-8700×4、247mmS-24ロケット弾×4
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100×8、OFAB-250×4、RBK-250×4、RBK-500×2、KMGU-2×2、ODAB-500×2、3B-500×2
Mi-24VP(Ми-24ВП):YaKB-12.7機銃に換え、新型のNPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-2を搭載した。
Mi-24Vの12.7mm機銃では攻撃力が不足、Mi-24Pの30mm機関砲では弾数が不足かつ重量過多であったため、そうした問題を解決するため従来戦闘機用の航空機関砲や地上軍の高射機関砲として広く使用されてきたGSh-23-2を搭載する派生型が開発された。
1986年に初飛行、1989年より量産に入ったが、新型機銃の不良と冷戦の終結もあり少数生産に終わった。ロシア空軍とウクライナ陸軍航空隊で運用されている。西側では「ハインドF」というコードネームで呼ばれていた。
https://cdn.jetphotos.com/full/5/81392_1532972043.jpg

40名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:13:24.22
Mi-24VPハインドF攻撃ヘリコプター 18機
性能・主要諸元
初飛行:1986年
主回転翼直径:17.30mテールローター直径:3.91m
全長:21.50m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,500kg 通常離陸重量:11,200kg 最大離陸重量:11,500kg
内部燃料積載量:1,500kg+オプション1,000kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225 馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:264km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:595km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台、または1,500-2,400kgの積載物、または外部に2,000kgの積載物
武装:武器搭載量2,400kgまで(6箇所に対戦車ミサイル、空対空ミサイル、ロケットランチャー、無誘導ロケット弾、機銃コンテナ、爆弾など)
固定武装:NPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-2
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M114 シュトゥールム-V×4
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
Mi-24VP(Ми-24ВП):YaKB-12.7機銃に換え、新型のNPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-2を搭載した。
Mi-24Vの12.7mm機銃では攻撃力が不足、Mi-24Pの30mm機関砲では弾数が不足かつ重量過多であったため、そうした問題を解決するため従来戦闘機用の航空機関砲や地上軍の高射機関砲として広く使用されてきたGSh-23-2を搭載する派生型が開発された。
1986年に初飛行、1989年より量産に入ったが、新型機銃の不良と冷戦の終結もあり少数生産に終わった。ロシア空軍とウクライナ陸軍航空隊で運用されている。西側では「ハインドF」というコードネームで呼ばれていた。
https://cdn.jetphotos.com/full/5/81392_1532972043.jpg

41名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:19:32.58
Mi-24VMハインドF攻撃ヘリコプター 18機
性能・主要諸元
初飛行:1999年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:3.91m
全長:21.50m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,500kg 通常離陸重量:11,200kg 最大離陸重量:11,500kg
内部燃料積載量:1,500kg+オプション1,000kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225 馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:264km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:595km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台、または1,500-2,400kgの積載物、または外部に2,000kgの積載物

武装:武器搭載量2,400kgまで(6箇所に対戦車ミサイル、空対空ミサイル、ロケットランチャー、無誘導ロケット弾、機銃コンテナ、爆弾など)
固定武装:NPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-L
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M120 アターカ-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
Mi-24VM(Ми-24ВМ):23mm連装機関砲GSh-23Lを搭載したMi-24VPの改良型。新型の対戦車ミサイル9M120 アターカ-Vを運用する。1999年に初飛行。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/CIAF_2015_Mi-24_7356_1.jpg

42名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:24:58.32
Mi-25ハインドD輸出型攻撃ヘリコプター 18機
初飛行:1972年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:3.91m
全長:21.50m
全高:6.5m (P型が3.90mなのでありえない)
翼長:6.66m
空虚重量:8,340kg
通常離陸重量:11,100kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,200馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,125km
戦闘航続距離:595km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:1,300m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台、または1,500-2,400kgの積載物、または外部に2,000kgの積載物
武装:武器搭載量2,400kgまで(6箇所に対戦車ミサイル、ロケットランチャー、爆弾など)
固定武装:12.7mm 4銃身機銃YakB-12.7×1(USPU-24可動式銃塔に装備、弾数1,470発)
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M17P ファラーンガ-PV×4発
ロケット弾:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
Mi-25(Ми-25):Mi-24Dの輸出型。1972年に初飛行。Mi-24Vが開発されたことから相対的に旧型となったMi-24Dが輸出可能となったため、輸出専用機として開発された。
https://cdn.jetphotos.com/full/6/44038_1524026626.jpg

43名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:32:43.71
Mi-35ハインドE輸出型攻撃ヘリコプター 18機
初飛行:1972年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:3.91m
全長:21.50m
全高:6.5m (P型が3.90mなのでありえない)
翼長:6.66m
空虚重量:8,340kg
通常離陸重量:11,100kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,200馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,125km
戦闘航続距離:595km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:1,300m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台、または1,500-2,400kgの積載物、または外部に2,000kgの積載物
武装:武器搭載量2,400kgまで(6箇所に対戦車ミサイル、ロケットランチャー、爆弾など)

固定武装:12.7mm 4銃身機銃YakB-12.7×1(USPU-24可動式銃塔に装備、弾数1,470発)
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M114 シュトゥールム-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
Mi-35:Mi-24Vの輸出型。
https://cdn.jetphotos.com/full/5/52810_1425161733.jpg

44名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:41:30.06
Mi-35MハインドE攻撃ヘリコプター 30機
諸元
初飛行:1998年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:1.50m
全長:17.51m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,570kg
通常離陸重量:11,300kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:450km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台

固定武装:NPPU-23ターレットに23mm連装機関砲GSh-23-L
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M120 アターカ-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
Mi-35M(Ми-35М):固定脚にして軽量化を図った機体で、夜間攻撃能力などが改良されている。1998年に初飛行。
機関砲はNPPU-24ターレットに23mmのGSh-23L連装機関砲を装備するというMi-24VPに準じたもの。X字型テイルローターやフェネストロンを採用した機体も僅かに存在する。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4f/MAKS-2017part1-087.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/34/Mi-35M_VKS_RF_-_Odbrana_slobode_2019_Ni%C5%A1_1.jpg

45名無しの七森(松本)2020/07/26(日) 18:58:22.96
Mi-35MハインドE夜間攻撃ヘリコプター 30機
諸元
初飛行:1998年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:1.50m
全長:17.51m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,570kg
通常離陸重量:11,300kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:450km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台

固定武装:GSh-30-2連装機関砲×1基
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M120 アターカ-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
アビオニクス:ナイトビジョンシステム、GOES-342電気光学距離計/ターゲットシステム、GLONASS / GPSナビゲーションシステム、電子多機能ディスプレイ、機上コンピューター、耐妨害性通信機器、送受信機、アビオニクス(高度化)、センサーパッケージ
Mi-35P(Ми-35П):固定脚にして軽量化を図った機体。固定武装は30mm連装機関砲。キプロスで運用している。一方、通常のMi-24Dの輸出型にもMi-35Pという名称が用いられている。Mi-35Mと同じく、X字型テイルローターやフェネストロンを採用した機体も僅かに存在する。
https://img-freegames.dmm.com/client/wt/news/zf7d0Mbn.jpg
https://cdn.wikiwiki.jp/to/w/warthunder/Mi-35M/::ref/shot%202018.11.18%2008.49.39.jpg?rev=ac0c573ccdbcf39dbc7bb8ff23e5f627&t=20181118221052
https://www.airrecognition.com/images/stories/east_europe/russia/helicopter/mi-35/pictures/Mi-35_fighting_combat_attack_helicopter_Russia_Russian_Air_Force_aviation_defence_industry_002.jpg

46名無しの七森(赤座)2020/08/05(水) 20:45:45.33
A-4Aスカイホーク昼間艦上攻撃機
A-4Bスカイホーク艦上攻撃機
A-4Cスカイホーク艦上攻撃機
A-4Eスカイホーク艦上攻撃機
A-4Fスカイホーク艦上攻撃機
A-4MスカイホークU海兵隊攻撃機
OA-4Mスカイホーク海兵隊前線航空管制機
A-4Lスカイホーク予備役攻撃機
TA-4Eスカイホーク複座練習機
TA-4Fスカイホーク複座練習機
TA-4Jスカイホーク複座練習機
A-4Pスカイホーク アルゼンチン軍単座攻撃機
A-4Qスカイホーク アルゼンチン軍艦上攻撃機
A-4ARファイティングホーク アルゼンチン軍単座攻撃機
OA-4ARファイティングホーク アルゼンチン軍複座練習機
A-4Sスカイホーク シンガポール軍単座攻撃機
A-4SUスーパースカイホーク シンガポール軍単座攻撃機
TA-4Sスカイホーク シンガポール軍複座練習機
TA-4SU スーパースカイホーク シンガポール複座練習機
A-4PTMスカイホーク マレーシア軍単座攻撃機
TA-4PTMスカイホーク マレーシア軍複座練習機
A-4Gスカイホーク オーストラリア軍艦上攻撃機
TA-4Gスカイホーク オーストラリア軍複座練習機
A-4Hスカイホーク イスラエル軍対地攻撃機
TA-4Hスカイホーク イスラエル軍複座練習機
A-4Nスカイホーク イスラエル軍対地攻撃機 
A-4Kスカイホーク ニュージーランド軍対地攻撃機
TA-4Kスカイホーク ニュージーランド軍複座練習機
A-4KUスカイホーク クウェート軍対地攻撃機
TA-4KUスカイホーク クウェート軍複座練習機
AF-1ファルカン ブラジル軍艦上攻撃機
AF-1Aファルカン ブラジル軍複座練習機

47名無しの七森(赤座)2020/08/05(水) 20:52:00.54
A-7AコルセアU艦上攻撃機
A-7BコルセアU艦上攻撃機
A-7CコルセアU艦上攻撃機
A-7DコルセアU空軍攻撃機
A-7EコルセアU艦上攻撃機
A-7F:アメリカ空軍向け。エンジンをP&W F100に換装、夜間攻撃能力の強化。試作機2機のみ。1989年11月初飛行。
A-7GコルセアUスイス軍遷音速攻撃機
A-7HコルセアUギリシャ軍遷音速攻撃機
TA-7H:ギリシャ空軍向け。複座練習機。5機製造。
A-7H:複座型練習機。E型を改修。アメリカ海軍向け。
A-7K:アメリカ空軍州兵向け。複座練習機。30機製造。1981年より部隊配備。
A-7PコルセアUポルトガル軍攻撃機

48名無しの七森(赤座)2020/08/05(水) 21:07:44.62
A-6Aイントルーダー艦上攻撃機 
EA-6A:A-6Aを改修した電子戦機。
TA-6A:3人乗りの艦上練習機型。
A-6Bイントルーダー艦上防空制圧攻撃機 
A-6Cイントルーダー艦上攻撃機 
KA-6Dイントルーダー空中給油機
A-6Eイントルーダー艦上攻撃機 
A-6E SWIPイントルーダー艦上攻撃機 
A-6E SWIP/コンポジット イントルーダー艦上攻撃機
A-6E SWIP ブロック1A:上記改修に加え、航法機器を新型に換装した機体。 
A-6FイントルーダーU艦上攻撃機 
A-6GイントルーダーU艦上攻撃機

49名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 10:45:41.20
Mi-35M1ハインドE夜間攻撃ヘリコプター 30機
諸元
初飛行:1998年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:1.50m
全長:17.51m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,570kg
通常離陸重量:11,300kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:450km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台

固定武装:GSh-30-2連装機関砲×1基
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M120 アターカ-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
アビオニクス:ナイトビジョンシステム、GOES-342電気光学距離計/ターゲットシステム、GLONASS / GPSナビゲーションシステム、電子多機能ディスプレイ、機上コンピューター、耐妨害性通信機器、送受信機、アビオニクス(高度化)、センサーパッケージ
Mi-35M1:後期生産型
https://cdn.jetphotos.com/full/5/65932_1576346629.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/6/89106_1491838277.jpg

50名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 10:49:01.13
Mi-35PハインドEキプロス軍攻撃ヘリコプター 30機
諸元
初飛行:1998年
主回転翼直径:17.30m
テールローター直径:1.50m
全長:17.51m
全高:3.97m
翼長:6.66m
空虚重量:8,570kg
通常離陸重量:11,300kg
最大離陸重量:11,500kg
発動機:クリーモフ製 イソトフTV3-117 ターボシャフトエンジン(出力:2,225馬力)2基
超過禁止速度:320km/h
巡航速度:270km/h
限界航続距離:1,000km
戦闘航続距離:450km
実用上昇限度:4,500m
ホバリング上昇限度:2,000m
乗員:2名
積載量:兵員8名、または担架4台

固定武装:GSh-30-2連装機関砲×1基
対戦車ミサイル(誘導ロケット):9M120 アターカ-V×4発
空対空ミサイル(誘導ロケット):R-60×2発
ロケット弾・無誘導ロケット:57mmS-5ロケット弾用 UB-32A-24 32連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:87mmS-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:137mmS-13ロケット弾用 B-13L1 5連装ポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-1ガンポッド×2基
ロケット弾・無誘導ロケット:GUB-8700 7.62mm×54連装+Yak-B 12.7mm×108単装ガンポッド×4基
ロケット弾・無誘導ロケット:247mmS-24ロケット弾×4発
機関砲ポッド:UPK-23-250(GSh-23Lを搭載)
爆弾その他:OFAB-100・100kg爆弾×8発
爆弾その他:OFAB-250・250kg爆弾×4発
爆弾その他:RBK-250・PTAB-2.5Mクラスター爆弾×4発 
爆弾その他:RBK-500・500kgクラスター爆弾×2発
爆弾その他:KMGU-2小爆弾・地雷散布ディスペンサー×2発 
爆弾その他:ODAB-500・525kg燃料気化爆弾×2発
爆弾その他:3B-500燃料気化爆弾×2発
アビオニクス:ナイトビジョンシステム、GOES-342電気光学距離計/ターゲットシステム、GLONASS / GPSナビゲーションシステム、電子多機能ディスプレイ、機上コンピューター、耐妨害性通信機器、送受信機、アビオニクス(高度化)、センサーパッケージ
Mi-35P(Ми-35П):固定脚にして軽量化を図った機体。固定武装は30mm連装機関砲。キプロスで運用している。
一方、通常のMi-24Dの輸出型にもMi-35Pという名称が用いられている。Mi-35Mと同じく、X字型テイルローターやフェネストロンを採用した機体も僅かに存在する。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3d/Mil_Mi-35P.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/5/48914_1513174817.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/5/35310_1494934624.jpg
https://cdn.jetphotos.com/full/5/74405_1494777567.jpg

51名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 11:45:46.19
A-7Fストライクファイター遷音速攻撃機 10機
諸元
乗組員:パイロット1名
全長:15.253 m
翼幅: 11.81 m
全高: 5.16 m
空虚重量: 10,463 kg
最大離陸重量: 20,865 kg
パワープラント: プラット&ホイットニー F100-PW-220 ターボファンエンジン × 1基・アフターバーナー点火時26,000 lbf(120 kN)
12,192mでの 性能
最高速度:マッハ1.2
航続距離:3,705 km
実用上昇限度: 17,000 m
武装
銃:M61バルカン 20 mmガトリング砲 × 1門
ハードポイント: 17,000ポンド以上の兵器の容量を持つ外部
増槽:4,300ガロン×2本
A-7F:アメリカ空軍向け。エンジンをP&W F100に換装、夜間攻撃能力の強化。1989年11月初飛行。
https://cdn.jetphotos.com/full/1/26475_1216490378.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/22/445th_Flight_Test_Squadron_YA-7F_Corsair_II_71-0344_in_flight.jpg

52名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 11:56:32.48
サンダース・ロー SR.177RファルシオンF.1迎撃戦闘機 6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
デ・ハビランド ジャイロン・ジュニアターボジェットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基 + デ・ハビランド スペクター[5]液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
予定性能
最高速度:2,500 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発
アビオニクス:AI.23迎撃用レーダー
ファルシオンF.1:試作機SR.177を元にした量産型。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b2/SR.177.png
https://i.pinimg.com/originals/dd/a4/bf/dda4bfdba8037247259ce30bb76f64b1.jpg

53名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 11:57:51.91
サンダース・ロー SR.177RファルシオンF.1迎撃戦闘機 6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
デ・ハビランド ジャイロン・ジュニアターボジェットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基 + デ・ハビランド スペクター[5]液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
予定性能
最高速度:2,500 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発
アビオニクス:AI.23迎撃用レーダー
ファルシオンF.1:試作機SR.177を元にした量産型。19機製造
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b2/SR.177.png
https://i.pinimg.com/originals/dd/a4/bf/dda4bfdba8037247259ce30bb76f64b1.jpg

54名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 12:05:53.89
サンダース・ロー ファルシオンF.1A迎撃戦闘機6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
デ・ハビランド ジャイロン・ジュニアターボジェットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基 + デ・ハビランド スペクター[5]液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
予定性能
最高速度:2,500 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発
アビオニクス:AI.23迎撃用レーダー
ファルシオンF.1A:空中給油装置を付加した改修型。28機製造。
https://pbs.twimg.com/media/EE5fsTQU4AUIlVf.jpg:large

55名無しの七森(吉川)2020/08/12(水) 13:56:26.97
サンダース・ローP.148 マートレットFAW.1全天候艦上戦闘機 5機
寸法:
全幅:11.7 m
全長:15.2 m
翼面積:546.5 m2
アスペクト比8%
重量:12,701 kg
エンジン:ロールスロイス エイヴォンRA.10ターボジェットエンジン×1基(推力9,150〜11,400lb)
飛行特性:(海面上)
最高速度:マッハ1.9
航続距離:2,060km
航続距離(増槽2本):2,500km
武器:
固定武装:30mmADEN機関砲×4門
ミサイル:レッドトップ空対空ミサイル×4発
ロケット:格納式マトラ18連装ロケット弾ポッド×2基
マートレットFAW.1:量産型 40機製造。
https://www.secretprojects.co.uk/data/attachments/163/163576-9535ba3d807311f672913dac1bf0a5a2.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/bd/15_Supermarine_Scimitar_%2815834186281%29.jpg

56名無しの七森(東)2020/08/13(木) 23:43:59.31
再度変更後

サンダース・ロー SR.53ロケッティアF.1迎撃戦闘機 (3個飛行隊のみに配備)

サンダース・ロー SR.177RファルシオンF.1迎撃戦闘機
サンダース・ロー ファルシオンF.1A迎撃戦闘機
サンダース・ロー ファルシオンFR.2戦闘偵察機
サンダース・ロー ファルシオンFR.2A戦闘偵察機
サンダース・ロー ファルシオンFG.3戦闘攻撃機
サンダース・ロー ファルシオンFG.3A戦闘攻撃機
サンダース・ロー ファルシオンT.4複座練習機
サンダース・ロー ファルシオンT.5複座練習機
サンダース・ロー SR.177NシーファルシオンFG.6艦上戦闘機
サンダース・ロー シーファルシオンFG.7艦上戦闘機
サンダース・ロー シーファルシオンFAW.8全天候艦上戦闘機
サンダース・ロー SR.177KファルシオンF.32西ドイツ軍迎撃戦闘機
ファルシオンF.33西ドイツ軍迎撃戦闘機
ファルシオンT.34西ドイツ軍複座練習機
ファルシオンT.35西ドイツ軍複座練習機 
シーファルシオンF.36西ドイツ軍艦上戦闘機
シーファルシオンT.38西ドイツ軍複座練習機

57名無しの七森(東)2020/08/13(木) 23:46:51.59
サンダース・ロー ファルシオンFR.2戦闘偵察機6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
デ・ハビランド ジャイロン・ジュニアターボジェットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基 + デ・ハビランド スペクター[5]液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
予定性能
最高速度:2,500 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発
偵察装備:カメラ6台
アビオニクス:AI.23迎撃用レーダー
ファルシオンFR.2:カメラを搭載した戦闘機並びに偵察機型。
https://i.pinimg.com/originals/b8/9c/62/b89c625de5789390ac711064925e49fc.jpg

58名無しの七森(杉浦)2020/08/14(金) 01:09:58.49
サンダース・ロー ファルシオンFR.2A戦闘偵察機6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
デ・ハビランド ジャイロンDGJ.1ターボジェットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基 + デ・ハビランド スペクターDspe.5液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
予定性能
最高速度:2,500 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発
偵察装備:カメラ3台
アビオニクス:AI.23迎撃用レーダー
ファルシオンFR.2A:FR.2にFG.6相当の主翼と垂直尾翼を組み合わせ、胴体下部燃料タンク取り付けの改装を行った改良型。31機改装。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/61/English_Electric_Lightning_F.6%2C_Warner-Robbins_Air_Museum%2C_Georgia.jpg

59名無しの七森(杉浦)2020/08/14(金) 01:17:38.38
サンダース・ロー ファルシオンFG.3戦闘攻撃機6機
仕様
一般要目
乗員:1人
全長:50 ft (15.2 m)
全幅:30 ft (9.1 m)
全高:14 ft (4.3 m)
全備重量:25,500 lb (11,570 kg)
エンジン
ジャイロン・ジュニア DGJ.2ターボジェットエンジン、9,000 lbf (45.6 kN)×1基+ デ・ハビランド スペクターDspe.5液体ロケットエンジン、8,000 lbf (35.6 kN)×1基
性能
最高速度:2,900 km/h
上昇限度:20,500 m
上昇率:18,300 m/min
武装:デ・ハビランドファイアストリーク空対空ミサイル[6]×2発orレッドトップ空対空ミサイル×2発
空対地兵装:SNEB 68mm無誘導ロケット弾×2基
爆弾:500ポンド、750ポンド、1000ポンドの自由落下または遅延爆弾の混合
アビオニクス:AI.24迎撃用レーダー
ファルシオンFG.3:エンジンをDGJ.2に換装。対地攻撃装備を搭載可能。レーダー改装とレッドトップ空対空ミサイル運用能力追加、垂直尾翼大型化など。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d4/English_Electric_Lightning_F.2A_%E2%80%98XN776_-_C%E2%80%99_%2839814526641%29.jpg

新着レスの表示
レスを投稿する