AIが描いた絵、約4900万円で落札

1名無しさん@お絵かき中2018/10/27(土) 16:26:02.24ID:CXPtsjeP0?2BP(5999)

 米国時間10月25日に行われたオークションで、人工知能(AI)によって描かれた絵画が50万ドル近い値で落札された。

 The New York Times(NYT)によると、この絵画は「Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy」
というタイトルで、ニューヨークのChristie'sで手数料を含め43万2500ドル(約4900万円)で落札されたという。
Christie'sはオークションでの落札予想価格を7000〜1万ドル(約79万〜112万円)としていた。
落札者は電話で入札しており、匿名のままだという。

(以下略)

https://japan.cnet.com/article/35127628/

2名無しさん@お絵かき中2018/11/03(土) 01:07:21.22ID:hAyW+GnF0
このスレッドは過去ログです。
プレミアム会員に登録すると続きを読めます。

───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

───────────────────
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。

3名無しさん@お絵かき中2020/06/28(日) 05:10:16.59ID:upZMS4Ro0
13

4名無しさん@お絵かき中2020/06/28(日) 08:06:05.74ID:dACW09+j0
コンテンポラリーアートに置いては新しい表現や思想・価値観の提示が至上目的となっている。
そこにある技術的な深化は問われない。
一応アーティストの過去の作品や経歴から一発屋かどうかは気にするが作品単品が切り離されて表示されると最早それに価値があるかどうかは誰にも判断できない。
レディメイドが文脈理解を足しただけでアートと言われるようになってからは特にそうだ。
その結果誰もがパフォーマンスアートに走るようになって芸術権威の零落が始まった。
特に海外は芸術作品の免税がある為、脱税・節税対策に現代アートが高額で取引される。
そう言った脱税ビジネスによって形成された市場に、新興勢力の資産家が売名行為を兼ねて意味もわからず現代美術を高額で落札するようになっている。
その結果現代美術バブルが生まれて財テク・投資ビジネスとして買い市場が維持されている。

特にアメリカは新興国でありヨーロッパの権威に対して、アメリカ独自の価値観を示す為に、第二次大戦後はアメリカの現代美術家の描く抽象画やパフォーマンスが現代美術として流行りの中心となっている。

バスキアもその流れからの評価。

今の現代美術は解説や文脈なくして、一般には理解出来ない為、現代美術市場の値札だけがニュースで取り沙汰される

5名無しさん@お絵かき中2020/06/28(日) 08:07:17.06ID:dACW09+j0
ここ最近四冊ほどざっとめを通した現美の本に書いてあった内容を要約してみました。

6名無しさん@お絵かき中2020/06/28(日) 08:07:53.85ID:dACW09+j0
一般理解では値段が付いたから価値があると言う理解で問題なし。

7名無しさん@お絵かき中2020/06/28(日) 11:50:36.20ID:dACW09+j0
現代美術という市場がマネーロンダリングや脱税・節税の抜け道となり、投資先ビジネスとして機能しているので、一度値が付け市場維持の為に価値があるとされる世界です。
でないと買った後に暴落したら美術関係者だけでなく、資産管理として買っている富裕層からも命を狙われますので。

>>1の絵については知らないですが。
継続して売られて値がつくならそれには価値があるとされてしまうでしょうね。
ただ現実的に絵のAI解析としれを元にしたアプリやサービス・芸術活動は実際に行われているのでこれからはAI使った作品制作や自動化は進むでしょう。

新着レスの表示
レスを投稿する