脳変性の才理論:人間の才能構築におけるロジック

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1立て置きは【薪専かノシ専用】て書くべき。 (アークセーT Sx33-YSnC)2018/03/14(水) 06:28:59.820856ID:nF155NmYx
才能はロジックで解明できてく。

どんな人間にもあてはめられる脳変性の理論書く。人間は行動知識の積み重ねによって=才能の脳化が達されていく理屈核。

何事にもその行動勉強の蓄積において、関連カテゴリーのブレーンキャパシティが形成されていくことにおける、
行動機能の差が発生してしまうことによって、その脳変性の差により、出来ていくことの差や違いが顕著になっていくと考えられる。

理屈、実行蓄積による構築=才能であるというロジック。

であるからして、実行構築という観点において脳変性の形成機能における関連カテゴリーの差により才能の差別が生じていく。という論点。

過去の行動勉強のカテゴリーの差別によって、該当する脳のキャパシティカテゴリーの変性に差別が生じ、イ・クォール

それが才能=脳の変性差となる。…というもの。

以上のことからして、才能は脳の構築における変性行動によって成り立つものであり、実行カテゴリーの差別によって
形成されていく才能が異なっていくだけ。…という観点ロジック。

…であるからして、機能構築ロジック、人間の才能というものは、つまり行動勉強の蓄積による構築でしか成り立たない。…という論点が妥当かと

ロジック、該当才能構築をしてきたいならば、関連カテゴリー別の蓄積行動を増やしていけばいいだけである…というもの

才能という脳の構築は、人それぞれ実行蓄積の量により、結果、差別が発生し、その変性の差違い差によって
キャパシティ別に出来ることが能力的に違っていくだけ…という脳の形成理論による機能差別における観点ロジック書いたは。

                                           \   π
                                            (・∀・)
                                                ∪

多才能(多機能)脳性ロジックという余ジック、多系物理演算構築行動=量産的図式となる多脳的カテゴリーしていくしかない追記もロジック+しとく
東大をなめている人がいますね。良スレは全部自分が立てる。多系に撒いていきます。
BBR-MD5:35b3a4bca8f1326326dc672bea3ae208(360)
BBS_COPIPE=Lv:0
PID: 96057
[0.159239 sec.]
Rock54ed.


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています